メガネフレームの選び方。

「メガネを選ぶ」とひとことで言っても、そのデザインも多種多様で、どうしても迷いがちになってしまいます。

さらに気に入ったデザインでも、はたして自分に似合っているデザインなのかも不安になることもあるかと思います。

「自分に似合ったメガネ」を選ぶためには大きく分けて「サイズ」「形状」「カラー」の3点が重要となってきます。

実際に触れて、着用頂き、ライオン堂の専門スタッフが「自分に似合ったメガネ」選びをアドバイスさせて頂きます。

1.サイズ

顔の 輪郭や大きさは人それぞれですが、掛けやすい位置にメガネを置き、メガネの上の縁が眉のカーブに重なるくらいの大きさがちょうどいいサイズとされています。

横幅は顔の中で一番広い部分に合わせると自然です。
横幅は眉山からあご先までの3分の1以下の長さにすると顔全体のバランスがよくなります。

メガネのサイズ合わせ

似合うメガネを選ぶためにはサイズ合わせが大切です。
洋服を選ぶ時と同様です。

あなたは長いお顔?短いお顔?

人の顔を正面でとらえた場合、眉からアゴの長さを「タテの長さ」、顔の中で一番広いところを「ヨコ幅」とします。

この二つのバランスで長いお顔・短いお顔が決まります。

2.形状

メガネの形状によって、相手に与える印象は変わってきます。

3.カラー

ポイントは、肌の色に馴染むフレームカラーを選ぶ事です。

どちらかというと色白な人は淡い色(グレー・ベージュ・水色・淡いピンクなど)、色黒の人は、ハッキリとした色(ブラック・ダークブラウン・ネイビー・濃い赤など)がおすすめです。

長くふっくら

長くふっくら

選ぶ時のポイント

フレーム

  • タテ幅が比較的あるタイプがよい。
  • 直線的なデザインがよい。
  • テンプルが中央(付近)から出てるタイプがよい。

カラー

  • 暗くて濃い色がよい。

 

長くほっそり

長くほっそり

選ぶ時のポイント

フレーム

  • タテ幅が比較的あるタイプがよい。
  • 曲線的なデザインがよい。
  • テンプルが中央(付近)から出てるタイプがよい。

カラー

  • 明るく淡い色がよい。
←ふっくら   ほっそり→

短くふっくら

短くふっくら

選ぶ時のポイント

フレーム

  • タテ幅があまりないタイプがよい。
  • 直線的なデザインがよい。
  • フレーム上部にポイントのあるタイプがよい。(ナイロール等)

カラー

  • 暗くて濃い色がよい。

短くほっそり

長くふっくら

選ぶ時のポイント

フレーム

  • タテ幅があまりないタイプがよい。
  • 曲線的で短いリムのデザインがよい。
  • テンプルが上部から出てるタイプがよい。

カラー

  • 明るく淡い色がよい。

取り扱いブランド・メーカー

■メガネレンズ■

HOYANikon

■メガネ&サングラス■

OAKLEYRay BanGUCCI杉本圭Ptolemy48SilhouetteますながのこどもめがねTOMATO GLASSESOmodokSAMURAI SHOLine Art CHARMANTNIKESWANSMr.Gentleman EYEWEAR

最近の記事

  1. レイバン、アビエーターが人気ですね^^

  2. レイバンメガネでオシャレしましょ^^

  3. 運動が気持ちいい季節です!

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031